からくり装置を作ろう2

子供向けロボットプログラミング教室『プログラボ』では、プログラミングだけでなく、ロボットの機構についても学んでいきます。
千里中央校アドバンスト1コースの授業で、複雑で面白い動きをするロボットを作った様子を、先日のブログ記事『からくり装置を作ろう』でご紹介しましたが、別の教室での作品もご紹介したいと思います。

<作品①>
ボールがスタートするところにカム機構が使われています。
ボールが途中の壁に当たって、方向を変えるかと思うと、壁がクルッと回転し、そのまままっすぐ進みます。
そして、最後はタッチセンサーに当たって、「ピタゴラスイッチ じゃんけん・・・」と表示されます。(じゃんけんの結果は、ランダムで表示されるようになっています。)
タッチセンサーを固定できると良かったのですが、ちょっと時間切れでした・・・。

<作品②>
こちらも、スタート部分にカム機構が使われています。
タッチセンサーのボタンが押されたら、成功!
音楽が鳴って、もう一つのモーターが回って楽しい気分になれます!ちなみに、音楽は一音ずつプログラムした自作のものです。

<作品③>
こちらの作品は、スタート部分がカム機構とリンク機構の組み合わせです。(動きとしては他のと同じですが・・・)
ボールが転がるレール部分が、とても”キレイ”に作れています。最後のボタンを押すところが工夫されていますが、その部分は、先生にアイデアをもらっていました。

<作品④>
ピタゴラ装置以外を、最後に1つご紹介します。
歯車やリフトアームと呼ばれる基本のパーツが複雑に組み合わせれて、おもしろい動きをする「謎の装置」。最初は「鳥」を作っていたようですが・・・
リンク機構が使われています。

カム機構・リンク機構の動かし方をいくつか練習し、いろんな作品例を見せた上で、「カム機構・リンク機構を使って、自由に制作していいよ」と進めましたが、最初は何をどう作っていいか分からない生徒が多数。
でも、いろいろやってみる中で、最後はもっとパーツをつなげたくなってきて、「時間が足りない!」「来週もしよう!」という感じになっていました。

プログラボの詳細はこちら
無料体験会のお申し込みはこちらから

新しいものづくり教材「YubiTus」を知る

この度、大阪工業大学情報システム学研究室で開発中の教材「YubiTus」の試行実験をプログラボ上本町校で行いました。

授業風景

子どもたちは普段教室で使っている「LEGOマインドストームEV3(以下EV3)」と違ったロボットに夢中です。

『「YubiTus」は3Dプリンターで作られた新しいプログラミング教材です。ひとつひとつ見てみるとモーターが中に入っていてタイヤが回転したり、ものをはさんだり、風を起こしたりすることができます。』

そう教えてくださったのは大阪工業大学教授の井上明教授。そしてこの「YubiTus」を0から創り出した同大学ロボティクス&デザイン工学研究科の椋浦さんです。

取り組む様子

子どもたちは「YubiTus」にテープでわりばしをくっつけ、オブジェクトを倒したり、風を起こしてホコリを吹き飛ばしたりと様々なミッションに楽しく取り組んでいました。

プログラミング画面

プログラムもは普段使っている「EV3」と違うので少し心配はしていたのですが、同じビジュアルプログラミング言語で分かりやすく、初めての子どもたちもすぐに使い方を理解できるものでした。

様々なミッション

この教材の開発について聞いたところ、どのくらいの大きさなら子どもたちが動かしやすいか、硬さ、質感、形状はどうだろう?と何度も何度も3Dプリンターを用いながら試行錯誤を繰り返して現在に至ったということでした。

現在様々なプログラミング教材が出てくる世の中で、より手軽に、より身近なモノで取り組むことができる「YubiTus」、今後多くの教育現場で使われていくのではないでしょうか。
この度はプログラボ上本町校で貴重な試行実験の授業をしていただき、本当にありがとうございました。

プログラボの詳細はこちら
無料体験会のお申し込みはこちらから

『よこよこ星人』は最初の一歩をふみ出しました。

子供向けロボットプログラミング教室『プログラボ』、11~12月のビギナークラスはタッチセンサーの使い方の学習です。
タッチセンサーは、触れたり押されたりしたことが分かるセンサーで、例えば「車がカベに当たって止まる」みたいな使い方や、「タッチセンサーをスイッチボタンとして「押したら動き始める」のような使い方もできます。

今回は「よこよこ星人」というカニのように横移動するロボットを作り、「タッチセンサーを押している間だけ動く」というプログラムを勉強しました。

よこよこ星人

タッチセンサーを押して動くのと、押している間だけ動くのの、プログラムの違いが、年上のクラスの生徒さんでも分かりにくいことが多く、(一度ではなく)何度も何度も学びながら、理解していきます。今日はその最初の一歩です。

プログラボの詳細はこちら
無料体験会のお申し込みはこちらから

ジャイロ コントローラー

子供向けロボットプログラミング教室『プログラボ』、11月のスタンダード2コースは、センサーを使ったロボットとプログラムを学びました。

この週のテーマは、傾きや角度を測れる「ジャイロセンサー」。
ジャイロセンサーは、スマホやデジカメなどの電化製品に入っています。が・・・それよりも、小中学生にとって(小中学生以外も?)もっと身近なのが「ゲームコントローラー」。Nintendo SwitchWiiなどの操作で馴染みのある生徒も多いようです。

ということで、それぞれがオリジナルのコントローラーを組み立てて、車型のロボットをマリオカートのように動かしてみました。

ハンドル風だったり、コンパクトな形状だったり、大きさも様々。
タッチセンサー(ボタン)も上向きだったり奥向きだったり・・・

実際のゲーム機のコントローラーも、持ちやすさや押しやすさなど、誰かが検討し、デザインし、作られているということを話しましたが、そのことがリアルにイメージできてくれると、嬉しいです。

プログラボの詳細はこちら
無料体験会のお申し込みはこちらから

すもうロボットで対戦

子供向けロボットプログラミング教室『プログラボ』、アドバンスト1コースで『すもうロボット』の授業をしました。

センサーで相手の力士をさがして突進!ロボット制作とプログラミングをして、今日はいよいよ対戦です!

決まり手:下手投げ?
決まり手:勇み足?

対戦で盛り上がった後は、力士役とアナウンサー役に分かれてインタビューの形で発表してもらいました。(ディレクター兼カメラマン役が動画の撮影もしました。)

インタビューの様子

―〇〇関です。おめでとうございます(残念でした)。
―勝った(負けた)理由は何ですか?
―横のドリルは何のために付いていますか?
―プログラムの工夫は?
―○○関でした。放送席お返しします。

発表を見守る生徒たち

力士役のセリフの中に「ごっつぁんです」と言わないといけない箇所があり、そこでどうしても笑ってしまう生徒が続出。
また、自分で答えず、ロボットに答えさせるようなプログラムを作る生徒もいました。

インタビュー後は、再び対戦。今度は1対1でなく、全員で対戦していました。

すもうロボット 全員対戦

プログラボの詳細はこちら
無料体験会のお申し込みはこちらから