大阪府立大学理系女子大学院生チームIRIS(アイリス)による女子生徒限定イベントを開催!

こんにちは。プログラボのIRISイベント担当 楠本です。 今回は、11月23日(月・祝)プログラボ千里中央校で行われた、女子生徒限定イベントについてご紹介します。

ところで、理系分野における女性比率ってご存知ですか?
・大学における学部別女子生徒の割合 工学部:15.4%(全学部45.4%)
https://www.mext.go.jp/content/20191220-mxt_chousa01-000003400_1.pdf

・工学分野における女性研究者の割合:6%
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200543&tstat=000001032090&cycle=0&year=20190&month=0&tclass1=000001135303

・関西のプログラボにおける女子生徒の割合:15%

女性の割合がとても少ないのが分かりますよね。
原因としては、女子の理系分野に対する将来像が描きにくいことや、幼少期において男の子に比べて女の子向けのおもちゃには、工学要素が少なく馴染みがないなどさまざまです。

女の子にも理系分野のたのしさや、将来像を描くきっかけとなる場を作りたいという思いから今回のイベントの開催に至りました。 イベントには、大阪府立大学理系女子大学院生チームIRIS(アイリス)の皆さんを講師としてお招きしました。 イベント内容は、(1) IRISの専門分野に関する実験、(2) IRISとの交流会です。

IRISのメンバーは、航空宇宙工学や海洋システム工学、応用化学など様々な分野で研究をしています。どんなお話を聞けるのか楽しみです!

「コヒーラ式電波探知機」を作って、見えない電波を探知しよう!

「コヒーラ」とは、「接触する」という意味です。アルミカップに静電気を溜めて放電することでLEDの両端の、アルミ箔とボタン電池が電気的に接触し導通状態になり、手を触れていないのにLEDを点灯させることができるという実験です。

まずは、IRISのレクチャーのもとアルミカップを作ります。

LEDも準備して、完成!

次に、塩ビパイプで摩擦し静電気を発生させます。一生懸命擦るのが大変です!

発生させた静電気を、慎重にアルミカップに溜めていきます… アルミカップに静電気が溜まってくると、「パチッパチッ」という音が聞こえてきました。

プラカップを被せたLEDに、静電気の溜まったアルミカップとフォークを近づけ接触させると…

LEDが点灯しました!
会場には思わず「おお~!」という声があがります。

手を触れていないのに、LEDが点灯したのには、「静電気」「動電機」「電磁波」というキーワードがあるようです。IRISの皆さんが実験の仕組みについて丁寧に教えてくれました。

続きは、中学の理科の授業で勉強とのこと。今から楽しみですね!
実験の仕組みも分かったところで、後半はIRISとの交流会です。

IRISとの交流会

まずはIRISのメンバーが、普段どんな研究をしているのか、学生生活について話をしてくれました。参加者は皆、話に興味津々です。自分の興味のあることを学べて、自由な時間がたくさんあって…なんだか大学生って楽しそう!

座談会では、「理系文系ってなに?」「学生生活でやっておけばよかったことってある?」など、参加者からIRISにたくさんの質問が飛び交いました。

今回のイベントでは、参加者が普段関わる機会の少ない大学院生との交流を通してさまざまな新しい世界を知ることで、子どもたちの興味関心の幅が広がる場となりました。
プログラボではこれからも、子どもたちがさまざまな経験を通して成長できる機会を作っていきたいと思います。

~おまけ~

イベント終了後、今度は参加者であるプログラボの生徒たちが自分たちの作ったロボットをIRISに紹介しました!IRISの皆さんも興味津々で子どもたちの話を聞いていました☆

ベーシック競技:ロボットとアームとプログラムのアイデア

子供向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
アドバンスト1の生徒さんが「ミドル競技」 という競技に挑戦する様子をブログでご紹介していましたが、スタンダード2のコースでも授業で「ベーシック競技」に挑戦しています。

テーマは「ゲリラ豪雨」。ゲリラ豪雨を予測できる最新の気象レーダーを工場から設置エリアへ運搬する、ロボット競技です。

レーダーの上部はボールになっており、落とさないようにそーっと運ぶ必要があります。
アームの形はどうするか?、どんな動きで運搬するか?・・・各チームのアイデア次第で、差が出る部分です。

ということで、そのアイデアにスポットを当てて、ご紹介したいと思います。

【絶対まけるぞチーム】
コンパクトなロボットに大きめのアームを付け、モーターでアームを動かして、気象レーダーをつかみます。
気象レーダーをつかんだら、180度反転して設置エリアまで運搬します。

【クワガタ号】
見るからにクワガタといったフォルムのロボット、アームは動きません。ゆっくり回転してアームの中に気象レーダーを抱えて、ゆっくり押しながら設置エリアまで運びます。
設置エリアに運ぶ時、カラーセンサーでコートに引かれた黒い線を伝って進む「ライントレース」というプログラミングの作戦を使っています。

【25cm×25cm号】
オリジナルの幅広ロボットに、モーターで動くアームを付けました。アームは正面ではなく少しずれた位置に付いていますので、気象レーダーをつかむ時に、少し方向を整える動きが独特です。
気象レーダーを運搬する時は、うまくバックして引っ張っていきます。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

アドバンスト1で「SDGs」がテーマの競技に取り組む・その7 動画で発表

子供向けロボットプログラミング教室プログラボのブログ担当です。

アドバンスト1の「ミドル競技」、本番の競技会では上手くいったチームも上手くいかなかったチームもありましたが、今回は、その結果や乾燥を動画にまとめて発表する授業を行いました。

と、その前に・・・
動画で発表するとき、そこには「著作権」「肖像権」「個人情報の保護」といった配慮の必要な大事な事柄があることを確認しました。

普段、YouTubeなどで、気軽に動画を見ている世代で、また、簡単に動画を投稿できる環境も周囲にありますが、一歩間違えると、訴えられたり、犯罪に巻き込まれたり、炎上してしまったりと、その怖さについても伝えるような授業でした。

さて、みんなが作成した動画ですが・・・競技内容や結果、競技ロボットの工夫を丁寧に発表するようなものもあれば、本番では叶わなかった成功シーンを撮影して悔しさをにじませる作品や、逆に失敗シーンを集めておもしろ動画風にする作品も。

テロップや音楽の入れ方に驚くべきセンスが表れたりと、普段のプログラミングとは違った顔をみんな見せてくれました。

優秀作品は、プログラボ全体でコンテスト形式の審査をする予定で、こちらもとても楽しみです。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

アドバンスト1で「SDGs」がテーマの競技に取り組む・その6 競技会

子供向けロボットプログラミング教室プログラボのブログ担当です。

アドバンスト1の「ミドル競技」、5週間の練習時間が終わって、いよいよこの週は競技会を実施しました。

さて、とあるチーム、直前練習ではほぼ満点でクリアしていました。この教室の優勝最有力かなと思っていました。

競技前、入念にコースのチェックをする

ですが、本番・・・

最初の樹木を運ぶミッションでうまくラインに乗れず、失敗。
思わず「マジか」と声が漏れてしまいました。

というように、本番に失敗するチームが続出。
結果的に、いろいろ諦めて、シンプルな高速プログラムを作ったこのチームが優勝でした。
(作戦勝ちも立派な優勝!ですが、指導する先生的にはちょっと複雑・・・)

上手くいったチームもいかなかったチームも、競技のことやロボットのことや、チームの結果について、動画で発表することになっています。
翌週から、動画を作り始めています。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

豊中市共催オンライン講座「はじめてのロボット作りに挑戦」

7月23日と8月13日に、大阪府豊中市と共催で、オンライン講座「はじめてのロボット作りに挑戦」を開催しました。

教材は「ユカイな生きものロボットキット」。ビデオ会議システムを使って、家にいながらロボット作りを体験できるというイベントです。豊中市のホームページなどで告知をしたところ、定員を大幅に上回るたくさんの応募をいただきました(抽選に外れてしまった方、本当にすみません)。

集合時刻になると、参加する子どもたちが続々と集まってきます。最初は教室の映像が届いているかひとりひとり確認していきます。「先生の声が聞こえてたら手を振ってね。今日はよろしくね」。緊張していた子どもたちも先生の声掛けでちょっとリラックス。そしていよいよ、講座がスタート。

はじめに電池ケース、スイッチ、モーターをコードで慎重につないでいきます。モーターに結束バンドをつないで、スイッチを入れると・・・・

「回った!すごい!」画面の向こうからうれしそうな声が聞こえてきます。

「うまく動いたかな?じゃあ、この仕組みを使って、どんな生きものが作れるか考えてみよう。好きな動物でもいいし、今までみたことない生きものでももちろんいいよ」

ここからは、5人ずつの部屋に分かれてロボット作りをしていきます。各部屋にいる先生が、一人ひとりに優しくアドバイス。「何作るか決まった?いいね。それでいこう」「うまく回らないときは、モーターの位置を変えてみよう」「それすごく面白いね!その調子で作ってみよう」。

アイデアについて先生に相談したり、作業で困ったことがあるときはおうちの人にも手伝ってもらいながら、子どもたちは真剣に製作を続けていきます。そして・・・

1時間後・・・

「みんなどんなの作った?よかったら画面に向けて見せてね」

きらきら光る生きものや、動物や虫を再現したもの、面白い動きをするロボットなど、 個性的なロボットが大集合しました。

終了後のアンケートでは、

・自分の作りたいものが作れて楽しかった
・ロボットやプログラミングに興味が出てもっとやりたくなった
・試行錯誤を通じて子どもの成長を感じられた

など、たくさんの感想をいただきました。

最後は画面に向かってみんなで手をふりました

モーターの動く仕組みを体感したり、うまく歩かせるために重心を意識したり、試行錯誤を通じて楽しみながら学べる機会になりました。

みんなに作ってもらった作品は、今後プログラボや豊中市のサイトでも紹介させていただきます。

豊中市共催のオンライン講座、次回は9月22日に開催予定です。対象は豊中市在住の年長さん以上。詳細は以下の豊中市のウェブサイトからご確認ください。

https://www.city.toyonaka.osaka.jp/miryoku/kagayaku/taikenrobot.html

今回使用した「ユカイな生きものロボットキット」についてはこちらもご覧ください。

https://kurikit.ux-xu.com/robotkit/