ミニからくりマシン

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。

突然ですが、GBCってご存知ですか?

GBC(Great Ball Contraption)とは、小さいボールを1つ前の装置から受け取り、次の装置へ自動で受け渡す、ボール運搬マシンのことです。まるでボール工場のようにボールが次々と移動していく様子がとても楽しく、また、その運搬の方法にはいろいろなオリジナルなアイデアと工夫があって、出来上がったマシンは、時間を忘れて見入ってしまいます。

昨年(2020年)、京都市のプログラボ四条烏丸でも、アドバンスト2以上の生徒たちによる自由制作で、数か月かけて制作され、12月に行われた作品展で、とても人気を集めました。

この装置、基本的にはモーターを常に回転させているだけなのですが、その回転を伝えたり、スピードを調節したり、往復の動きに変換したり・・・というところに、様々な「からくり」が使われています。

今月のアドバンスト1コースの活動では、この「からくり」を実際に動かして体感するために、“からくりマシン”を作りました。
ということで、授業の中でミニGBCができましたので、一部をご紹介します。( もちろん、上の「自由制作」には敵いませんが、 、、)

さて、今年2021年12月にも京都市内で『生徒作品展』が開催されます。
入場・見学自由ですので、会場の北大路ビブレ、あるいは京都市内教室(四条烏丸校・洛西口校)まで、是非お気軽にお越しください。
(なお、GBC以外にも様々な自由制作の作品が展示されます。)

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

『ポカポンゲーム』開発で養う総合力。

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
アドバンスト1のクラス、前回は「タイマートイ」を、そしてその次に2週をかけて「ポカポンゲーム」のプログラミングを行いました。

ポカポンゲームは、エポック社によるロングセラーのおもちゃで、1979年より発売しているそうです。2人での対戦型ゲームで、バネのついたボタンを操作すると、自分の人形が相手の人形の顔にハンマーで攻撃をし、命中すると顔が飛びます。
電池も使っていないシンプルなゲームですが、それだけに小さい子から大人まで誰もが手軽にできて、とても盛り上がり、実際、ポカポンゲームで遊んだことがある方も多いのではないでしょうか?→エポック社のホームページへ

今回は人対人ではなく、プログラミングしたコンピューターとの対戦ゲームになります。
強いコンピューターを開発するもよし、点数やヒットポイントなどの分かりやすい表示を目指すもよし、音や表示で勝敗を盛り上げるもよし、自由度の高い課題です。

こういう自由度の高い開発をすると、どんどんアイデアが出てくるタイプと、なかなかアイデアが出なくて考えてしまうタイプに分かれます。
この課題には、いろいろなアイデアを出す練習、という側面もあると思います。

また、たくさん出てきたアイデアも、時間内に全て実現するのが難しいなら、どこに一番時間と労力をかけて、余裕があったらどれをする、という感じで、取捨選択することも必要です。

そしてもちろん、今まで学んだり経験したりしたスキルを最大限に使って、アイデアを実現させることが求められます。(先生たちの力も借りながら・・・ということになりますが。)
さらに、思った動きと違うところがあったら、どこを直せばいいのか、見つけて対応します。

ということで、何とかみんなプログラミングができたので、最後は、お互いのポカポンゲームで遊んでみました。
うまくできた生徒は「これは家の人にも見せて、やってもらいたい!」と得意気な様子でした。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

『タイマートイ』成功と失敗

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
アドバンスト1のクラス、今週は「タイマートイ」を制作し、プログラミングしました。

タイマートイは、制限時間内にブロックでできたパズルを完成させるようなゲームです。 どうやったら盛り上がるか?ゲームのルールや、成功・失敗時の動作などは、各自が考えます。

時間を計測するプログラムの扱い方を学ぶのと同時に、遊ぶ人の立場に立った製品開発や、持てる技術を使って“やりたいこと”をカタチにする練習・・・といった目的もあると思います。

とある生徒は、ブロックを3×5の15マスに並べる時に、「縦にも横にも同じ色のブロックを入れてはいけない」というルールを考えました。実際に何度かやってみて、制限時間を調整したり、失敗した時の動きを調整したりして、こんな作品を仕上げました。

パズル以外の製品を開発してくれた生徒もいます。
目覚まし時計やキッチンタイマーのように、時間を教えてくれるタイマーで、ポイントは最初に時間設定ができるところです。

他にもパズル以外の製品=オリジナルゲーム作りに挑戦した生徒もいたんですが、時間切れというか、企画に今のスキルが追い付いていなかったというか、、、 結局、 完成しませんでした。

完成しなかったことは消化不良で、本当に残念ですが、この失敗(?)を糧にして、次の制作へ意欲をつなげてもらえると、嬉しいです。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

WROミドル競技 何とかここまで・・・

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
アドバンスト1のクラスでの、ロボット競技大会に向けての取り組みの続報です。

前回の記事で、ロボットを作り直すことになったことをご紹介しましたが、いよいよ新たなロボットで、再挑戦です!

とはいえ、基本的な動きは変わらないので、新しいロボットに合わせて進む距離や曲がる量などを調整していきます。
で、順調に進むのかと思いきや、またまた意見のぶつかり合いが・・・

「アームは秒数で動かした方がいい!」
「いや、それはタイムロスだから、角度で動かすべきだ!」

アームで物をつかむ時、少し長めの秒数を指定することで、ピッタリ合わせなくてもつかめる(失敗しにくい)と、これまでの授業で 私が話したのを覚えていたようです。
ですが、秒数で指定すると、「待ち時間」みたいなものがどうしてもできてしまって、それがもう一人には「タイムロス」に思えて、気になる様子。

お互いに意見を主張しますが、いったい何を争っているのか分からない感じになって煮詰まっていたので、ちょっとだけ助け船を出しました。
「秒数にするか、角度にするか、というのを議論してるんじゃなくて、一番上まで持ち上げないといけないか、途中まででいいのか、ということを議論してるんじゃない?もし、一番上まで持ち上げないといけないんだったら長めの秒数で、途中まででいいんだったら、秒数より角度の方が合わせやすい、ということだと思うよ」と。
その結果・・・は、ここでは伏せておきます。

というような紆余曲折もありますが、何とか、こんな感じのところまできました。

あと1回、練習時間があるので、この後、スピードアップを図るそうです。
さあ、本番まであと少しです!

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

2021年 WROミドル競技 急がば回れ?

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
先日の記事で紹介したアドバンスト1のクラスでの、ロボット競技大会に向けての取り組みの続報です。

小学校6年生の3人チームはロボット競技大会WROの京都予選会へ、参加の方針となりました。メンバーみんな気合が入っています。

まずは、3人 で「ロボット担当」「作戦担当」「プログラミング担当」と担当を決めてスタートしました。
そして、前回記事で紹介の通り、競技用のロボットが完成し、コートで動かし始めました。
(大まかに言うと、黒い線の引かれたコースに置かれたブロックのオブジェクトを、指定の場所に運んでゴールするようなミッション です。)

が、ある程度進んでくると、なかなかオブジェクトをうまくつかむことができないことが分かりました。その原因は・・・プログラミング担当くんが、黒い線をトレースする「ライントレース」を使わず、方向転換の角度を合わせて直進するようなプログラムをしていて、動きが安定しないことだということになりました。

他の2人はライントレースを勧めますが、プログラミング担当くんは「それではタイムが遅くなる」「自分は一か八かが好きなんだ!」と譲りません。(その発言の裏には、自分が完全に理解していないプログラムを使うことに抵抗がある、という、ある意味“真面目な”思いがあるのだと、私自身はちょっと気付いていますが・・・)
他の2人はライントレースの利点や、そこまでタイムロスではないことを一生懸命説明します。が、説得される形になればなるほど、頑なになるのは、よくあることです。

ここで雰囲気が悪くなります。話は棚上げにされ、それぞれがパソコンを開き、別々にプログラムをし始めました。
ただ、プログラミング担当くんも、他の2人のライントレースを見て、少し冷静になってきたのかもしれません。
「もう担当制はやめよう」というところで、活動時間が終了しました。

=========== ===========

翌週、あらためて顔を合わせた3人は、プログラミングに入る前に話し合いをしました。
(元) プログラミング担当くんから「担当制はやめて、ミッションを前半、中盤、後半の3パートに分け、3人がそれぞれプログラミングしよう」と、提案。ただ、その言葉には仲違いのイメージは無く、ライントレースの部分はみんなの言う通りでいいよ、という譲歩の印象を受けます。
すると、(元)ロボット担当くんからも、別の提案。少し言いにくそうに「もう一度ロボットを作りなおしたい」と。何でも、家でコンパクトなロボットの形を考えていたとのこと。(彼なりに、プログラムだけでなく、ロボットの形にもオジェクトをうまくつかめない一因があると、思っていたのかもしれません。)

どちらの提案もみんなの納得で、採用されました。
結果、今までのロボットは分解され、組み立て直しです。

それぞれが分かれて作業し始めると、「けんかして良かった」「雨降って地固まる」などと言い合いながら、いつもの楽しい雰囲気での活動時間が戻りました。
このあと順調に進むのか、あるいは、まだまだ「山あり谷あり」なのかは分かりませんが、 何よりやる気が戻ってきたことに一安心です。

とにかく、こういうぶつかり合いも、回り道も含めて、一生懸命頑張っています。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから