カラーセンサーを使って進む・止まる

子供向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。

スタンダード2、今月はカラーセンサーを使ってロボットを動かしたり止めたりするプログラムを学んでいます。

1週目は、「カラーセンサーが反応したら止まる」をしました。

そして2週目は、「ライントレース」。ライントレースとは、白い紙の上に引かれた黒い線を、カラーセンサーで探しながら線に沿って前進する技術で、ロボット競技ではよく使われるものです。

この2週で学んだ、カラーセンサーのプログラムを使って、来週はミッションに挑戦します!

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

ロボットで町を走行>>>

子供向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。

スタンダード1の授業で、クルマ型のロボットを作りました。
このロボットには、家→学校→公園→お店→プログラボと、町を順番に走行してもらいましょう!

上手く走行できたら、画面に場所の名前を「英語で」表示させるプログラムに挑戦しましたが、もちろん、小学校低学年くらいの子供たちが学ぶ「スタンダード1」クラスでは、ほとんどの子がまだキーボードで文字を打ったことがありません。

「Eは左上の方だよ」、「Oと0を間違えないで~」、「RはEの横にあるよ!」
先生たちにヒントをもらいながら、 みんな一生懸命、文字を探していました。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

『火星表面を探査しよう!』

子供向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。

スタンダード2の最初の3回は「火星に宇宙飛行士を届けよう!」というテーマでロボットを作成し、プログラミングを行いました。
そして、次の3回の授業では、火星に到着したロボットで火星探査をするミッションに挑戦しました!

まずは、超音波センサータッチセンサーを駆使して、岩がいっぱいの「岩ゾーン」を抜けていきます。その後、調査ポイントに向かい、火星の石を台から落としたら、最後は石を運んでゴール地点へ。

詳しくは動画でご紹介します。

特に、台から落とした石をゴールまで運ぶところが難しく、練習では時々できていても、一発勝負の本番競技会では、なかなか成功しません。が、このクラスでは、満点成功者が出ました!!!(おめでとう!)

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

『よこよこ星人』で早押し対決!

子供向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。

ビギナークラスで作って動かすロボットに、「よこよこ星人」というのがあります。プログラボ北大路では、このよこよこ星人がいつも子供たちを迎えてくれる感じで、入り口に置いています。
このロボット、本来は、左右につながれたタッチセンサーを押した方向へ、カニのように横歩きします。

とある先生が、このよこよこ星人のプログラムを書き換えて、タッチセンサーの連続早押しゲームに改造してくれました。(音楽?が鳴ってる間に、早押しでどちらが多く押せるかの対戦ができます。よこよこ星人は、勝った方へ進んでほめてくれます!)
さあ、このゲームで生徒さんと対決です!

<第1回戦>

結果は先生の勝ち!

押した回数が画面に表示される。

そして・・・
<第2回戦>

授業前に、楽しいひと時を過ごすことができました♪
でも残念だけど、今日の授業はこのロボットじゃないんだけどね。。。(このプログラムには、アドバンストコースくらいで学習する「変数」というのを使っています。)

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

初めて「クルマ」を動かすよ♪

子供向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
先週は、ビギナークラスで、「クルマ」を作って動かしました。
年長さんから小学校低学年くらいの子供たちが、体験会などを除けば、初めて自分でプログラムして「クルマ」を動かす授業になります。(例年よりはちょっと遅くなってしまいましたが・・・)

ベースになる簡単なクルマを先生と一緒に作って、プログラムでの簡単な動かし方を習ったら、あとは自由に、オリジナルのクルマに改造したり、スピードや動く距離などプログラムを変えてみたりして、楽しく過ごしました。

記念すべきプログラミングの第一歩、ということで、みんなの楽しそうな様子をCM風の動画に編集してみました。
どうぞご覧ください!

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから