超音波センサーで止まる2種類のロボット

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
スタンダード1クラスの11月は、ロボットのちょっと変わった仕組みと、超音波センサーを使ったプログラミングを学んでいます。

1つめはシャクトリムシのような動きで進む『しゃく太郎』という名前のロボットです。超音波センサーで前の壁までの距離を測って、プログラムした距離で止まることができます。

2つめは、『バックターンカー』と言う名前のロボットです。
その名の通り、バックする時に片輪だけ回転が止まるような仕組みになっていて、それをきっかけにターンします。
先ほどのしゃく太郎と同じく、超音波センサーで前の壁までの距離を測りながら進み、今回はプログラムした距離まで近づくとバックターンするようになっています。

超音波センサーを使ったプログラムは、【不等号】が出てきて少し難しくなるのですが、ロボット自体は動きが独特でおもしろいので、楽しく学べたと思います。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

「超音波センサーで止まる2種類のロボット」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。