ロボット競技をテーマに動画編集

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
前回の記事でもご紹介しましたが、スタンダード2アドバンスト1アドバンスト2の各クラス、7月にはロボット競技のミッションを行いました。そして、8月はその内容を紹介するスライドや動画の制作を行っています。

スタンダード2では、こんなロボット競技に取り組んだ、やってみてどう思った、というような内容を、タブレットのアプリを使って簡単なスライドにします。
そして、アドバンスト1では、YouTubeのような動画制作を目標に、動画制作の注意点(著作権、肖像権、プライバシーの侵害など)と、動画編集ソフトの使い方を学びます。

もちろん、こういうことが好きで得意な子もいれば、あまり興味のない子もいますが、いつもとちょっと違った活動に、概ね楽しく取り組んでいます。

そこで、私も(センスはあまり無いですが)動画編集をしてみました。

私の作った動画は、淡々と説明するタイプのあまり面白味のないものですが、もっと演出に凝って、本物のYouTubeみたいに(?)、面白い動画を目指す生徒も・・・
特に最近は、YouTubeなどで動画に触れる機会も多く、感覚的に演出方法が理解できているように感じます。

こうやって取り組んだことや、その感想をまとめ、みんなと共有することで、より理解が深まることを期待しています。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

チーム競技の難しさ(と楽しさ)

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
スタンダード2アドバンスト1アドバンスト2の各クラス、7月にはロボット競技のミッションを行いました。

京都エリア3教室(四条烏丸・洛西口・北大路)では、WRO(=World Robot Olympiad)という競技会のルールに沿った内容で基本取り組んでおり、スタンダード2では『ベーシック競技』、アドバンスト1では『ミドル競技』、アドバンスト2以上は『エキスパート競技』を行います。(エキスパート競技は、さらに小学生。中学生、高校生とカテゴリーごとに競技の内容が異なります。)

さて、ここでポイントになってくるのが、(基本的には)チームで取り組むということ。普段の授業では一人一人でロボットやプログラミングを行っていますが、この時期だけは、2~3人でチームを組んで競技に挑戦します。
普段、同じクラスで顔を合わせてはいても、そこまで会話をしたことがない(性格もあまり知らない)同士が、協力したり分担したりして進めていかなくてはならず、その時点で実力を100%発揮しにくい環境に置かれることになります。

あくまで私見ですが、見ていると、チームが何パターンかに分類できそうです。

<パターンA>
概ね同じようなスキルとテンションのメンバーで、意見を交わしたり、交代したり、分担したりしながら取り組めるパターン。比較的楽しく進められることが多い。
ただし、思った以上の結果につながることもあれば、「楽しい」が勝ってしまったり、逆に遠慮し合ったりして、全然進まないということもありうる。

<パターンB>
チームどちらかのスキルやテンションが勝っていて、もう一方はそれを尊重してサポートに回ったり、追いかけてついていったり、というパターン。サポートする子は平和主義な性格なのかも。
比較的結果が出やすいので、二人とも満足度が高いことが多いが、そのうちサポートすることが無くなって飽きてしまうという場合も。

<パターンC>
チームの一方にチーム競技へのやる気があまり無く(あるいは、エンジンのかかりが遅くてやる気が無いように見え)、仕方なくもう一人だけが取り組むことになるパターン。
どういう作戦でどういうプログラムをしているか相方はあまり把握できておらず、途中で上手くいかなくなったりして悩んでも、相方が助けてくれることも基本無いので、結局、雰囲気に流され一緒に(別々に)遊んでしまったりして、ちょっと進んでは止まり、を繰り返しがち。

<パターンD>
お互いにやりたい気持ちが強く、意見がぶつかるパターン。そして、ロボットやプログラムを勝手に変えたり変えられたりしてストレスが溜まる。
ただ、2人とも結果を重視していることが多く、上手くいきだすとチームの気持ちがまとまることもある。(逆に結果が出ないと、つい相手に当たってしまい、ケンカになる。)

もちろん、そんなに単純ではなく、もっといろいろなパターンがあるでしょうし、チームメイトとの関係が途中で変化していく場合もあります。例えば、相手に合わせて、意図的に自分が引く、サポートに回る、逆にやる気のない相方をひっぱる、自分が矢面に立つ、というのをすることになる子もいます。

大人になっても、いろいろな相手と、いろいろな環境でチームワークをする機会が出てくると思いますが、思い通りに行くことばかりではありません。
まずはチーム競技を通して「自分を知る」「相手を知る」ということにつながればいいのかなと、そして、 直接的ではないとしても、大人になった時、今回の経験が何かの役に立ってくれると嬉しいです。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

楽しみにしていたコマ回し

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
スタンダード1クラスで、歯車のしくみを使ったコマ回しの授業を行いました。

(ちょうど時計の短針と長針を1つのモーターでスピードを変えて回せるように・・・)大きさ(歯数)の違う歯車をうまく組み合わせると、回転のスピードを上げたり落としたりすることができます。
このような歯車のしくみを体感する授業として「コマ回しマシーン」その名も【スピントップシューター】を製作しました。

よく回るのはどんな形か、コマもオリジナルで開発します。
「来週はコマ回し大会だよ!」とお知らせすると、 よく回るコマについて家でベイブレードのアニメを見て、予習をしてきた生徒さんもいました。

オリジナル改造で、いろんなパーツを付けてみたり、

画用紙をギザギザに切って、色を塗ったり、、、

(ただ結果的には、シンプルな形状の方がよく回りましたが・・・)

そして、コマまわし対決をする子もいれば、

一人で回して楽しむ子もいました。

なぜか「ヘリコプター」になってしまう子も。

このスタンダード1コースを去年受講し、今年は1つ先のスタンダード2クラスに進んだ子ですが、「コマ回しだけはもう1回やりたい!」そうです。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

ジグザグ走行で学ぶループ(くり返し)プログラム

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
スタンダード1クラスでは、 プログラミングの最も大事な要素の1つ、ループ(繰り返し処理)を学びました。
無限に繰り返す、何回繰り返す、条件を満たす間ずっと繰り返す・・・というようにいろいろなパターンはありますが、ループ(繰り返し処理)が無いとプログラムができない!といっても過言ではありません。

今回は、クルマ型ロボットのハンドルに取り付けたモーターをを回して、ジグザグ走行をしたのですが、ループを使わずにプログラムすると、右、左、右、左、右、左・・・というようにプログラムが長く長くなってしまいます。

ところが、ループを使うことで、、、

右、左のセットを繰り返せばいいので、これだけで完成してしまいます!(楽ちん♪)

そして、ループ(繰り返し処理)を実際のロボットの動きで確認してみるとこんな感じになりました。

ループが体感できたら、自由に改造してオリジナルロボットを完成させましょう!

こんな超大型作品もありました!

ちなみに作品名は【ゴキブリ】だそうです。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

新たなミッション:火星に電車を通そう!

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
6月のスタンダード2クラスでは、 色を判別できるカラーセンサーの使い方と、黒いラインに沿って移動する「ライントレース」について学びました。

今回のミッションは「火星ライナー(火星の電車)」を運行させることです。
スタートの駅から・・・

線路(黒いライン)を脱線しないように進んで、駅まで来たら停車、
これを繰り返して、環状線を一周します。

なお、最後の駅には作業員?(乗客?)が待っているので・・・

車庫まで連れて来られたらミッションコンプロートです。

ゆっくり安全運転派や・・・

超大型列車や・・・

中には、作業員をワープさせるという大胆な作戦も。(上手くいきませんでしたが・・・)

4月・5月とミッションに挑戦してきた経験と、センサーを上手に使って確実性を増したおかげで、今まで以上に成功者の多いミッションとなりました。

さて、次月(7月)はこれまで学んだ内容をフル活用して、新たなミッションに挑戦します。
今度は2~3人のチームで取り組むのですが、仲間がいて心強いのと同時に、一人の時とは違った“難しさ”があります。しっかりとコミュニケーションを取って、楽しくクリアできるように、みんな頑張ろう!

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから