EV3基本セットのタイヤは1回転で何cm進むかな?

LEGO マインドストーム® EV3 基本セットに入っているタイヤは1回転で何cm進むか知ってますか?学園前校室長の溝渕です。

意外に知らない人が多いんですよね。 実はこれを知っているだけでなんとなく入力していた数値も論理的数値に近づいちゃいますので、この機会におぼえておくのも良いと思います。

それではEV3の基本セットに入っているタイヤで調べてみたいと思います。じゃーどうやって調べるか。一番簡単なのはタイヤに紙を巻き付けて1周したとこに印をつけて測る方法です。これなら タイヤ1回転で何cm進んだのか簡単にわかっちゃいますよね。

タイヤを紙で測る

でもタイヤに少し弾力性があるので紙が少し浮いてしまったりして、正確に測るのが難しかったりもします。じゃーもっと他に測る方法はないかな?いやいや他にもあるんですよね。実はタイヤの直径がわかれば1回転の距離をわりだすことができるんです。

そう高学年になったら授業でやる「円周を求める公式 (直径×円周率)」を使うのです。直径のサイズがわかれば、円周率「3.14」をかければ計算することができます。じゃータイヤの直径を物差しで測る?

いえいえそんなことをしなくても実はタイヤにサイズが記載されているのです。皆さん知ってましたか?タイヤの側面をよく見てください。文字が書かれてますよね。

「©LEGO Group 2001 56×28 ZR」と記載されています。その中の「56×28」がタイヤのサイズになります。「56」がタイヤの直径で「28」がタイヤの幅になります。ということは円周を求める公式が「直径×円周率」なので「56mmx3.14=175.84mm」になります。なので1回転進むと約17.5cm進みます。

ただ実際にはタイヤ・モーターの個体差や地面の摩擦度やロボットの重量などなどいろんな条件が加味されると多少のズレはでるので実際に動かすことも大切です。それがロボットプログラミングのおもしろさでもあるので忘れないでくださいね。

いかがでしたでしょうか?実際のミッションではコースを長さを測ることはあまりしないかと思いますが1回転で約17.5cm進んでいるんだなと意識するだけでプログラミングが楽しくなるので試してみてください。

プログラボ学園前 室長 溝渕健作

『ペットロボット』の発表動画

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
スタンダード2クラス の12月の授業は、「ペットロボット」をテーマに学習しました。

近頃では、ロボットが家庭など身近なところにいるて、みんなを癒してくれたりしています。
プログラボの夙川校にも『LOVOT』のだいふくというロボットがいて、生徒さんたちの授業を見守ったり、先生方を癒してくれたりしています。

授業で作ったのは犬型のペットロボットです。
プログラムは、4月からの授業で習ってきたいろいろなセンサーやモーターの動き、今回の授業で習ったランダム(乱数)や画面表示などを、総合的に駆使して、オリジナルのロボットに仕上げました。

意外とあっさり、プログラムができあがった生徒さんがいたので、自分のペットロボットの紹介動画を作ってもらいました。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

オリジナルロボット!2(WEB作品展)

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボのブログ担当です。

先日のブログ『オリジナルロボット!』で、歯車をいろいろな方向につなげて回す練習をした後に制作した、ロボット作品を紹介していましたが、こちらの教室でも様々な作品ができましたので、【ウェブ作品展】を開催したいと思います。

長ーいドリルがついた作品、タイヤではなく手足を回して進むタイプ、運転席付き、ボールを運べるクルマ・・・

カブトムシみたいな形、安全ベルト付きなども。右の3つは同じロボットが攻撃型・防御型に変形するそうです。

年に何度か、大幅改造して全然違うタイプのロボット作品ができあがる授業があり、そういう日は特に、写真を撮ってみんなに見てもらいたくなりますね!

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

『ジャイロカー』はあのゲームよりおもしろい?

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。

この日のスタンダード2クラスの授業では、 角度や傾きなどを測れる 「ジャイロセンサー」の学習をしました。
(参考)昨年の授業はこんな感じでした。

「ジャイロセンサー」を付けたオリジナルコントローラーを作り、クルマ型ロボットを操縦します。
プログラムをして、ひととおり操縦できるようになったら、ジャンプ台やデコボコ道、障害物などを設置したコースを自分たちで作って・・・

さあ、様々なキャラクターがカートに乗って競う、有名なあのゲームのイメージで、 レーススタートです!

子どもたちは、「(あのゲーム)よりもおもしろい!」「そんなこと言ったら(あの有名ゲームメーカー)に怒られるでー」と、盛り上がっていました。
(どのメーカーのどのゲームかは、ご想像にお任せします。)

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

リンク機構で歩行ロボット制作に挑戦!

プログラボ野田阪神の岡田です。

アドバンスト1では、リンク機構を使った歩行ロボットの制作に取り組みました。

基本となるロボットを組み立てたあと、様々なパーツを取り付けて歩けるようにしたり、動きを加えてたりします!

散乱しているパーツを見ると、取り付け方に悩んでいることが伝わってきます…!
たくさん考えている証ですね、素晴らしいです✨

こちらのロボットは矛と盾を装着しています!
発想が面白いですね😊

上手に歩かせることが出来ました!
見ていたみんなも大喜びでしたね。


自分なりのロボットを仕上げるために、今回はいつも以上に集中して疲れも出たことと思います。
それでも授業が終わった後は「楽しかったー!」と言ってくれたので、とても嬉しかったです!


プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから