iPadを使ってオリジナルゲーム制作に挑戦!

プログラボ野田阪神の岡田です。

今週は14日(日)に実施したプログラボクリエイターズの様子をお伝えします。

本講座では、毎回クリエイターの仕事をテーマに、ICTを使ったものづくりを体験します。
今回の職業は「ゲームクリエイター」。
小学1年と2年の生徒が参加してくれました。

2人ともゲームが大好き!ということで、先生が作った見本のゲームで遊んでもらいました。
「こんなん作れるん?すごい!」と、楽しむだけではなく、早速作る側の立場になっていました!


今回はコロコロゲームを制作しました。
コロコロと回るキャラクターを地面に落とさないようにゴールに到着させるゲームです。
まずはゲームに必要なパーツを描いていきます。

好きな青色を基調としたコロコロですね。
ハチマキも着けています。
その他にもコロコロが通る道やジャンプするときに押すボタン、ゴールの旗も描きました。

次は、作ったキャラクターに回転やジャンプなどの効果を設定します。
一気に完成させるのではなく、ゲームを再生し1つずつの動きを確認します。
思い通りにならない場合は、キャラクターの大きさや設定した効果を変更し、完成を目指します!

途中で、「矢印のボタンを押したらその方向にコロコロが動くようにしたい!」と自らアイデアを出してくれました。素晴らしいです✨
先に作ったキャラクターの動きを参考に、自分で考えて動きを加えることが出来ました。

完成したゲームを、一緒に来てくれていたお家の方に試してもらいました。
難易度が高く、そう簡単にはクリアさせてくれません…。
生徒本人は、お父さんお母さんが自分で作ったゲームを楽しんでくれたことがとても嬉しかったようです!


授業が終わり、1人の生徒が「家に帰ったらアプリをダウンロードして遊ぶ!」と笑顔で話してくれました。
昨年末、野田阪神校で開催したプログラボゲームセンターでScratchのゲームに触れ、作ることへの憧れを持っていたそうです。
ゲームクリエイターのお仕事体験を通してその想いがさらに大きく強くなったよう。
これからもたくさんの人に喜んでもらえるようなゲームが作れたら嬉しいな、と思いました 。

ICTを使ったものづくり体験

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ上本町の平沙です。

今回、年長~小学校低学年を中心にICTを使ったものづくり体験「プログラボクリエイターズ」を開催しました。

1日目はアニメーターになりきってコマどりアニメを制作。

2日目はファッションデザイナーになりきってオリジナルトートバックを制作しました。

『1日目!コマどりアニメを作ろう!』

普段授業で行うロボットプログラミングとは違い、初めての体験だったので、子ども達も少し戸惑いもありつつも、楽しみながら作ってくれました。

2コマアニメで鳥さんが羽ばたきます!

おや?こっちは一体何を作っているのかな? 色んな大きさの粘土を作っていますね。

おっ!なんとボールが跳ねるコマアニメになりました!

こっちは何やら細かい青い粒が…

まるでTV番組のクレイアニメーション!?細かいこだわりがすごい!

粘土という触ったことのある道具でも、こうやってアニメーション作品になるとより楽しいですね!子ども達も自分の作品を嬉しそうに何度も繰り返し見ていました。

二日目は『オリジナルのトートバッグを作ろう!』です。

iPadのアプリを使って色々なイラストをデザイン!参加者は女の子が多く、どの子もとても可愛くデザインできました。

出来上がったらトートバッグにすぐプリント!その日に持って帰れるのがいいですね。自分でデザインした素敵なトートバッグ、どんな使い道にしようかな?

今の子ども達は普段、学校の図工等の授業でも色々なものづくり表現をしていますが、ICTを使って何かを生み出す経験もこれから増えてくるでしょう。

今回のような体験を積み重ねてゆく中で、今後の新しい発想のきっかけになったらと思います。

☆特別動画☆

プログラボあるある …今月はお休みです!

アニメーターのお仕事を知ろう!

プログラボ野田阪神の岡田です。

今回は野田阪神校で行われた「プログラボクリエイターズ」第2弾の様子をお伝えします!

クリエイターのお仕事をテーマにものづくりを体験するこちらの講座、第2弾の職業は「アニメーター」です。
年長から2年生の生徒が粘土を使ったコマ撮りアニメーションの制作にチャレンジしました!

まずはアニメーターというお仕事についての説明を受けました。

アニメなどに出てくるキャラクターの動きは、少しずつ変化した絵を連続させて表現されています。
アニメーターさんはその絵を1枚1枚描いていて、
30分のアニメには、なんと5000~8000枚の絵が必要だそうです!


お話を聞いた後は実際にコマ撮りアニメの制作に取り掛かりました。

粘土で少しずつ形の違うキャラクターを作り、配置を変えながら写真を撮っていきます。

そして、動画で確認すると…

すごい✨綺麗に動いています!!

口の開き方を3種類に分けて作り、移動をしながらごはんを食べる様子に仕上げました。

跳ねる動きを表現するために、 違う形を5つ作りました。
キャラクターが地面についたときに平べったくなっているのが可愛いです!


キャラクターの制作や配置を変えながらの撮影、動画を確認したりと、たくさんの作業が必要でしたね。
それでも一生懸命、そして楽しく取り組むことが出来ました😊


今回のコマ撮りアニメーションの制作を通して、アニメーターのお仕事や、アニメがなぜ動いているのか、どのように作られているのか、といったことも知ってもらえたのではないでしょうか。

制作したアニメーションにはみんなの想いが込められているので、ぜひご家族、お友達、たくさんの方に見てもらってくださいね!


プログラボクリエイターズは、2020年は、関西では野田阪神校夙川校六甲道校宝塚校洛西口校の5校で、関東では TAC 中野校武蔵境校武蔵小金井校国立校豊田校 で実施されます。

気になる方は、こちらのページで詳細をチェックしてみてください。

「プログラボクリエイターズ」でファッションデザイナーのお仕事体験!

プログラボ野田阪神の岡田です。

プログラボでは、年少から参加できるICTを用いたものづくり講座「プログラボクリエイターズ」を新たに開講しました。
野田阪神校でも第1回目が開催されましたので、その様子をお伝えします!

本講座は 毎回クリエイターの仕事をテーマに、タブレット端末で絵を描いたりアバターを作成したりして 、子ども達一人一人がオリジナルのバッグやクリアファイルなどを作る内容です。

今回の職業は「ファッションデザイナー」。
年長から2年生までの生徒さんが参加してくれました。

まずは、ファッションデザイナーのお仕事について知っていることを発表し合あったり、説明を聞いたりしました。

その後、お仕事の依頼があり、トートバッグのデザインをすることになりました。
みんなが欲しくなるようなデザインを考えながら、タブレットで絵を描いていきます。

みんなとても夢中になっていました…!

こちらの女の子はお花を立体的に描いて、風を鮮やかな色で表現しています。

デザイン完成!!
みんな画面いっぱいに大きく描いてくれました。
カラフルでとっても素敵です✨

あとは、バッグにプリントをして仕上げです!
アイロンを使うので、ここは先生が担当します。

かなり真剣です…

そして…


トートバッグが仕上がりました♪

持っていると元気が湧いてくるようなデザインですね!

猫ちゃんがとってもキュートです☆
癒されます。。

出来上がったバッグ手に取り、みんな大喜び!
お家の方に写真を撮ってもらったり、「何を入れようかな?」とお話しをしていました。

プログラボクリエイターズは、2020年は、関西では野田阪神校夙川校六甲道校宝塚校洛西口校の5校で、関東では TAC 中野校武蔵境校武蔵小金井校国立校豊田校 で実施されます。
今回ご紹介した「ファッションデザイナー」以外にも、「アニメーター」や「ヘアメイクアーティスト」のお仕事体験もできます!

気になる方は、こちらのページで詳細をチェックしてみてください。

「プログラボ クリエイターズ」でアニメーターになろう!

子供向けロボットプログラミング教室プログラボのブログ担当です。

プログラボでは、ICTを用いたものづくり講座「プログラボ クリエイター」を新たに9月から開講し、この日は 第二弾『アニメーター』をテーマに講座が行われました。

参加してくれたのは、小1と年長の兄妹です。
今日は何ができるのかなと、楽しみにしてくれていたようです。

この日も前回の「ファッションデザイナー」の講座の時と同様に、アニメーターがどんなお仕事なのか、最初に説明を受けてからスタート。

さて、今回のプログラボクリエイターズでは、粘土を使ったコマ撮りアニメに挑戦です!
二人は、タブレットでコマ撮りアニメが作れるアプリの使い方を教わり、アニメの撮影練習をしてみたりして・・・その後、いよいよ自分の作品に入りました。

年長の妹さんの方は、教室に来る前からイメージをしてきてくれたのか、迷うことなくウサギのキャラクターを作り始め・・・

そしてアニメの撮影。
画面には、1コマ前の映像がうっすら映っているので、そこから少しずつずらして撮影すると、ウサギがだんだんと動きます。
ウサギがニンジンを見つけて食べたり、蝶々が飛んできたり、最後はウサギは月に帰っていったり・・・と、壮大なストーリーができあがりました♪

できあがった作品はこちら

一方、小1のお兄ちゃんは、パクパクと球?を食べながら移動していくあのゲームを題材に、アニメを作ってくれました。

途中で、おばけが出てきて・・・と、スリリングな展開に。

そして完成した作品がこちら。

最後に作品の鑑賞会をして、楽しく終了しました♪
いつも見ているアニメが、こんなふうにたくさんの絵でできていることや、それをたくさんのアニメータさんが協力して描いてくれていることを、何となく 体感して理解してくれたらいいなと思いました。

プログラボクリエイターズは、2020年は、関西では野田阪神校夙川校六甲道校宝塚校洛西口校の5校で、関東では TAC 中野校武蔵境校武蔵小金井校国立校豊田校 で実施されます。
今回ご紹介した「アニメーター」以外にも、「ファッションデザイナー」や「ヘアメイクアーティスト」のお仕事体験もできます!

気になる方は、こちらのページで詳細をチェックしてみてください。