『クローラーメカ』のキャタピラーとドリルに興奮♪

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
ビギナークラスでは、『クローラーメカ』というロボットを作って動かしました。

クローラーメカは、よく工事現場で見かけるショベルカーやブルドーザーのように、キャタピラーを使って走行するロボットです。
キャタピラーは多くの子どもたちが大好きなパーツで、それを使うと知った時から、みんな早く作りたくてうずうずし始めました。
さらに、クローラーメカには、ドリルのように回る部分があって、これにも大興奮です!

めいめい、いろんな形に改造したら、工事現場の砂利道のような凸凹を作ってみんなで 動かしました。

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

クルマを動かすプログラミング

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
ビギナークラスでは、いよいよ自分のプログラミングでロボットを動かし始めました。

作ったのはクルマのロボットです。最初は前に進む、後ろにバックする、速く進む、ゆっくり進むといった、基本的な動きのプログラミングをタブレット端末を使ってやってみます。
「100はパワー全開」「この横棒のマークはマイナス、パワーをマイナスにすると・・・」「今度はパワーをゼロにしてみよう!」と先生と一緒にプログラムの数字を変えてクルマロボットを実際に動かしてみると、どんな風に動くかよく分かります。

あとは大きいタイヤに交換したり、人形を乗せたりと、改造してオリジナルカーを作ったら、自由なプログラミングで動かしてみました。

こちらが何も言ってないのに、目的地にピッタリ止めようとする子が多くて、ピッタリできたらとても嬉しそうでした♪

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

新年度のスタート~変化と成長~前編

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
春休みが明けて、先週から新年度の授業がスタートしています。
昨年度から通っていた子どもたちも1つ学年が上がり、また、新しく通い始めた生徒さんも増えたりして、新鮮な気持ちでのスタートウィークとなりました。

第1週目、どんな活動をしたのか、前後編2回に分けてご紹介します。

<ビギナー>
ビギナークラスでは、 大きなものをしっかりと壊れにくく組み立てる練習ということで、「とう」を作りました。
最初は丸い穴に「接続ピン」と呼ばれる小さなパーツを入れるのも一苦労だったのですが、組立てに徐々にも慣れてきて、こんな高いタワーを作ることができました!

ただ高くするだけでなく、自分の思う形みたいなものがあるようで、デザインも様々です。(デザインに凝りすぎて、全然高くならなかった子もいましたが、それもアリですね♪)

<スタンダード1>
スタンダード1クラスでは、昨年度から続けて通っていた子も、新しく入った子も、初めてパソコンとマウスを使ってプログラミングをします。
電源の入れ方、マウスのクリック・ダブルクリック、数字の入力などなど、なかなかスムーズにはいかないこともありましたが、「ルーレット」を作って、何度も動かす中で、少しずつパソコン操作に慣れてきました。

と同時に、自分の考えたルーレットを、同じクラスの子や、先生に遊んでもらう中で、ぐっと距離が近づいて、少し引っ込み思案の子も自然と話ができるようになっていました。

さて、後編では、スタンダード2以降のクラスでの活動をご紹介します。(後編へ続く・・・)

ビギナークラスの集大成は『マイロボット』

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
3月になって、どのコースも今年度最後のシリーズに入っています。ビギナークラスでは、一年の集大成として、『マイロボット』の制作とプログラミングを行いました。

マイロボットは「ロボット」と聞いてみんなが想像する人型タイプのロボットです 。顔があって、手があって、移動したり、腕を振ったり、話したり・・・

集大成ですから、組み立てが今まででいちばんたくさんあるのもそうですが、これまで学んできた、センサーをうまく使って、“センサーが反応したら、こんな動きをさせたい”といった、自分の考えた動きを(先生たちと一緒に)表現していきます。ですので、生徒毎に違った動きのロボットになります。まさにマイ(わたしの)ロボットです!

プログラミングができたら、自分の好きなアイテムを作って、ロボットに持たせましょう♪

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

クレーンゲームをロボットで再現♪

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
ビギナークラスでは、超音波センサーを使うロボットのプログラミングをしています。

超音波センサーは距離を測れるセンサーで、 これをクレーンゲームのアームのようなロボットに、下向きに取り付けることで、床からの距離をきっかけにしてアームが動き、物がつかめる仕組みです。

各々、アームの先を改造したりして、いろいろなもの(景品?)をつかむゲームに挑戦しました。

まずは第1ステージ【大きめのボール】
これは改造が無くてもつかめます。

第2ステージは【小さいものや変わった形のもの】
頑張れば改造無しでもつかめますが、ちょっと難しいかな?

第3ステージ【キャラクターグッズ】
自分の知ってるキャラクターが景品になると、テンションが上がります!

と、ここで、景品人気ランキング!

第3位 あのアメコミのスーパーヒーロー。赤と青のコスチュームで、クモのように壁に貼り付いたり、クモの糸を出したり・・・
このキャラクターがすごく好きな子がいて、授業の初め悪かった機嫌が、この人形のおかげで直りました。

第2位 ゲームやアニメで有名なキャラクター達。特に、黄色いキャラクターは、先生の苦心の作。クオリティは低いのに、なぜか、誰がつかむか取り合いになるほど。
(黒い方は生徒の作品ですが、何というキャラクターかは不明。)

第1位 あの超有名ゲームのキャラクター。ゲームをやっている子と、YouTubeでゲーム実況を見ている子がいましたが、いずれにしても認知度がピカイチ!

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから