【プログラミング・チャレンジ】

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
1月に入り、小学校低学年くらまでビギナークラスでは「プログラミング・チャレンジ」というのに取り組んでいます。

プログラミングチャレンジは、その名の通り、今まで習ってきたプログラミングをうまく組み合わせて成功できるか、挑戦していく内容です。

タイヤの付いたクルマロボットを
「3秒間 前にすすむ」
「1.5秒間 バックする」
「3回転 前にすすむ」
「2秒間前にすすんでから、2回転バックする」・・・
というように、(ある意味引っ掛け問題のような?)チャレンジを進めていきます。

(上の写真は、ちょっと改造が入ってますが・・・)ロボットを組み立てたら、それぞれチャレンジの開始です!

クリアすると「できた!」のスタンプを押してもらえるので揚々と取り組み始めますが、「あれ?どうするんだっけ?」という感じで、思い出せない子どもたちが多数。
そこで先生たちはヒントを出すんですが、そのヒントの出し方が難しい!
あんまり答えに近づきすぎると、チャレンジをやっている意味が半減しますし、かといって遠回しすぎると、子どもたちはだんだん悲しくなってきて、嫌になったり、飽きちゃったりします。

「あれ?プリントに書いてあるこのマーク、どっかで見なかった?」
「(プログラムちょっと違うんだけど・・・ま、いいか)さあ、1回実験してみよう!」
「1回転、2回転、3回転、、、あれ?ちょっと行きすぎじゃない?ってことは、どこを変えればいいんだっけ?」
「バックしないで前に行ったよ。。。おしい!」

こんな感じで、何度かの失敗の末、成功できたらいつもよりちょっと大げさに喜んであげたりしました。(そして、しゃべりすぎていつもより喉が渇きました。)

まだ字を読むことだけでも大変な子どもたちには、本当に“難題”で、実際、思っているよりできなかったり、失敗したら機嫌を損ねたり、 でも逆に、今まで習ったことをちゃんと理解していたり、頑張ってどんどん先に進みたがったり、さっきやったことをすぐに応用できたりと、みんなのいいところにもたくさん気づくことができました。

覚えている・覚えていないよりも、もっと大切なことがあると思って、、、一緒に頑張っています!

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

宇宙deロボット4種類

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
ビギナークラスの11月・12月、初めてセンサーをを使うプログラミングに挑戦しています。

テーマは「宇宙探検」。
そこで、作ったロボットを順にご紹介したいと思います。

まずは、宇宙に出発します!
『ロケット発射装置』を作り、タッチセンサーという、押すと反応するボタンのようなセンサーを使って発射しました。

地球を脱け出し、宇宙に到着しました。
今回作ったロボットは『宇宙遊泳マシーン』です。タッチセンサーを1回押すと、回り始め、もう1回押すと今度は反対方向に回りますが、その様子は、無重力の中で宇宙遊泳しているようです。

さて、ロケットはどこかの星に着陸したようです。クルマに乗って探検に出発します。
この星には岩の壁やクレーターがあって、クルマがぶつかって壊れたり、穴に落ちたりしないように、前方を調べながら、運転しないといけません!

ということで、前の壁でタッチセンサーが押されたら止まる『タッチカー Aタイプ』

そして、机の上を端まで進んで、下向きのタッチセンサーが離れたら止まる『タッチカー Bタイプ』

こんなイメージでしょうか???

すると、地球では見たことも無い生物を発見しました!
カニのように横歩きで移動しています。 (タッチセンサーを押している間、移動します。 )
その生物を、我々は『よこよこ星人』と名付けました!

今回ご紹介した4つのロボット、動きのプログラムが少しずつ違っています。
センサーが反応したら動く、最初から動いていてセンサーが反応したら止まる、センサーが反応している間だけ動く・・・これらの違いが何となく体感できるといいのかなと思います。

【最後におまけ】子供が描いたロケット発射装置のイラスト

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

エサを食べる『ふりふりキリン』

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
年長~小2くらいの生徒さんが学ぶビギナークラス、先月はカム機構という仕組みを使ったロボットを制作しましたが、今月はリンク機構という仕組みのロボットを作っています。

リンク機構とは、複数のパーツが関節のように可動する部品で接続されて、回転運動が複雑な動きに変わったりするような機械機構のことです。(歩行ロボットにも使われます。)

この日作ったのはキリンのロボットで、キリンの長い首が前後に揺れるように動きます。まるで、高い場所のエサを食べているようだったので、そんなイメージで、みんなロボットの動きを楽しみました。

ところで、ロボットの動きに合わせて、鳴き声を鳴らそうとしている子がいましたが、実際のキリンの鳴き声ってどんなのなんでしょうか???

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

『ぴょんぴょんウサギ』と作りたい動物アンケート

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
年長~小2くらいの生徒さんが学ぶビギナークラス、「ぴょんぴょんウサギ」というロボットを作りました。

画面に表示させる「目」を、各自が選んでプログラムしましたので、ぜひ画面に注目してご覧ください!

前々回の「パクパクわに」もそうでしたが、10月に作るロボットは動物シリーズで続きます。
そこで、みんなに好きな動物・作りたい動物を聞いてみました。

「ぞう」
「うさぎ」
「きりん」
「ライオン」
「サイダー」
「スマホ」
「コアラ」
「ペンギン」

一部、動物じゃないのも混ざってますが、さて、どの動物を作ることになるのでしょうか?

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから

ドラムロボットのコンサート

子ども向けロボットプログラミング教室プログラボ北大路のえもりです。
年長~小2くらいの生徒さんが学ぶビギナークラス、今月は「カム機構」というしくみを使ったロボットを作っています。
前回の記事では「パクパクわに」の作品をご紹介しましたが、今週は「ドラムロボット」 つまり、太鼓を叩いてくれるロボットを作りました。

この作品たちの魅力をどうやったら伝えられるか・・・考えた結果、みんなの作ったドラムロボットの動画をつなぎ合わせて、コンサート風にしてみました。

では、お楽しみください♪

ロボットの動きは単純なのですが、 音とリズムが楽しくて、(意外と?)盛り上がっていました!

プログラボの詳細と無料体験会のお申し込みはこちらから