ブログ記事一覧

想像力を刺激する

先日、無料体験会を開催した際、付き添いで来られていた保護者の方からお話を少しおうかがいできました。

実は少し前、小学生の弟さんが体験されたそうで、体験会の導入に火星や宇宙の話をするなど、想像力を刺激するような内容が興味深く、それで、今回、中学生のお兄さんも体験に来て下さったそうです。

普段の授業でも、ロボット制作やプログラムだけを教えるのではなく、同じような仕組みや技術が実際に使われている場面を導入に紹介したり、というようなカリキュラムになっており、また、それをどのように、子供たちが興味を持つよう伝えるか、各教室でそれぞれ工夫しています。教室の”色”が出る部分でもあります。

とはいえ、例えば「宇宙の話」に興味を持つ子もいれば、まったく興味が無い子もいて、なかなか難しいのですが・・・

ちなみに、体験会の様子はこんな感じです。(ちょっと人数多めの体験会の様子ですが参考に。)

プログラボの詳細や体験会のお申し込みはこちらから

WRO Football 講習会

WRO( World Robot Olympiad )には、ロボットで決められたミッションをこなすレギュラーカテゴリー(ミドル、エキスパート競技など)、毎年のテーマにそって社会の問題をロボットで解決する方法をプレゼンするオープンカテゴリー、そしてロボットを使ってサッカーを行う、フットボール競技があります。(他にも競技カテゴリーはあります)

プログラボでも昨年、今年と、このWRO Football競技に参加しており、今年は西日本大会にてプログラボのチームが準優勝と3位に入賞しました。すごい!Football競技の特徴は対戦型の競技であり、ボールやロボットの位置が常に変化する中で、センサーから得られた値を使ってロボットが最適な動作をできるようなプログラムをしなければなりません。
ロボットは自分達が作ったプログラム通りにしか動かないのですが、試合になると選手も観客もついつい声を張り上げて応援してしまう、とっても熱くなる競技です。(観ているだけでもハラハラドキドキで疲れますよ)

WRO Football競技をもっとたくさんの子供たちに興味をもってもらい、その取り組みの中で新たな学びを得て欲しいですし、なによりFootball競技人口を増やして大会をもっと盛り上げたい!と言うことで、2019年9月23日に 帝塚山中学校・高等学校 の 八尋 先生の指導のもと、WRO Football 講習会を開催しました。

Football競技では赤外線を発するボールを使用し、赤外線センサーを使ってそのボールの位置を把握し、ロボットで追いかけゴールを狙います。また相手ゴールへ向かうために、東西南北の方角を計測できるコンパスセンサーを使用します。なんでもかんでもボールを追いかけてしまうとオウンゴールを連発することになってしまいますからね。他にもカラーセンサー、超音波センサーなど、チームの戦略によって様々なセンサーを組み合わせてロボットを制作します。ここがまたやりこみ要素があって面白いところ。

今回の講習会では、ボールを追いかけてシュートをする基本の動作ができるように、まずはベーシックなロボットを制作し、センサーの使い方を学び、最後に実際に試合をしてみるといった流れで進めました。これだけでも結構なボリュームになるのですが、皆はじめて使うセンサーに興味津々で、プログラムを作って実際に動かしてみることを繰り返しながら、少しずつ理解を深めているようでした。

センサーは周りの環境や、センサー自体の個体差によって常に同じように計測してはくれませんので、その特性も理解しながらプログラミングし、ロボットにも工夫を加えなければなりません。ここがなかなか難しいところなのですが、チームによって工夫の違いが出るところでもあります。

チームごとにロボットとプログラムができたら、いよいよ試合です。今回は簡易的なルールで行いましたが、ボールを追いかけて華麗にシュートを放つロボットもあれば、ボールを捜してぐるぐる回ってばかりいたり、止まっているかと思ったら突然ボールに反応したりと様々なロボットの動きになり、やっぱりみんなでロボットに声援を送り、ゴールが決まればわっと歓声が上がる楽しい試合が繰り広げられました。

子ども達はもっともっと試合をしたいようでしたが、最後には帝塚山高等学校の生徒さんの「本気のロボット」を相手にエキシビションマッチを行ったりと、一日だけでしたが本当に良い経験になったと思います。

プログラボではアドバンスト2コースぐらいから、WRO Footballに挑戦できるようにしています。レギュラーカテゴリーのミドルやエキスパート競技をしっかりできるようになっていれば、レベル的にも理解ができるようになっていますので、世界を目指して今後もたくさんの子ども達が参加できるようにしていきたいと思います。

やる気のきっかけは、

今月のスタンダード1コースのミッションは、「ボール落とし競技」です。
高さの違う2つの台の上にのっているボールを、遠くから落とす競技です。

ボール落とし競技のコース

ある小学2年生の男の子、最初はあまり乗り気じゃなかったんですが、若い先生となにやら密談しながら、レゴブロックを組み立て始めました。そして、ボールを落とせるようにアームを改造した結果がこちら。

改造(かいぞう)キッド

名前は「怪盗キッド」ではなく、「改造キッド」だそうです。
右のアームはトランプ銃、左のアームは予告状のイメージで、それぞれ高さの違うボールを落とす作戦です。
好きなアニメのキャラクターをイメージすることで、がぜんやる気が出てきました。
その結果・・・

ボール落とし競技

この時は赤いボールは、近づきすぎて落としたため無効でしたが、この後、プログラムを修正して、無事にボールを2つとも落とせるようになりました。

プログラボの詳細や体験会のお申し込みはこちらから

兄弟でプログラミング教室

とある教室での出来事・・・ 3兄弟でプログラボに通ってくれているご家庭があります。

上の二人(小6・小4)は昨年からの継続で、現在はスタンダード2で、末っ子(小2)は今年 の春からビギナーで学んでいます。 スタンダード2とビギナーは続きの時間で、末っ子の授業が終わるまでお兄ちゃん達が待ってい て、一緒に帰ることがしばしばあります。

さて、先週のビギナーの授業では、「パクパクわに」というワニの顔を作りました。「カム機構」 という仕組みで口がパクパク開閉するロボットです。 末っ子が作っているのを見て、お兄ちゃん達もしてみたくなったようで、先生にキットを出してもらって、自主制作していました。
その作品がこちら!

パクパクわに生徒作品

さすがスタンダード2!ということで、ワニの全身を作り、モーターも追加し、体がクルクル回るプログラムを考えてくれました。

ビギナーコースの末っ子はまだ習ってない内容ですが、お兄ちゃん達がやっているのをみて、興味津々でした。
こういう兄弟での遊びの中からも学びにつながるのだと、とても頼もしく思いましたが・・・すごく熱中している様子を見ると、先生としてはもっと興味をもってもらえるように、授業を頑張らないと・・・と思いました。

プログラボの詳細や体験会のお申し込みはこちらから

西宮市長を表敬訪問

WRO2019ハンガリー国際大会に出場するロボットTKTの二人が、9月18日に西宮市長を表敬訪問しました。今年のWRO Japan決勝大会は西宮市の関西学院大学にて行われ、その際、西宮市の 石井市長も来られて競技の様子を見ていただきました。

プログラボからWROの世界大会へ出場するのは今回が初めてのことで、 WRO兵庫予選会 から の出場も初めてです。二人は大人に囲まれて終始緊張した様子でしたが、ロボットプログラミングを通していろいろな経験ができ、良い思い出になってくれたことでしょう。